白髪染めとヘアマニキュアの比較と効果

shiragar04白髪染めやおしゃれ染めなどは主に酸化毛染剤と呼ばれています。
その性質はメラニン色素を分解して脱色するとともに染料同士を髪の内部で結びつけることによってしっかりと染める事ができます。
人によって異なりますが2ヶ月ほど染めた色合いを持続させることができますが、髪が伸びてくることによって色の段差ができはじめます。
そのため色の段差を保つために1ヶ月から2ヶ月くらいするとまた染めなおす必要があるのが特徴です。
白髪染めやおしゃれ染めはしっかりと染めることができますが髪を傷めてしまうのでリタッチといって伸びてきて段差がついた部分だけを染めなおすという方法もあり、そうすることによって髪に対するダメージも少なく染めなおすことができます。
それと比較してヘアマニキュアは酸性毛染料とよばれていて、白髪染めと違い髪の毛のメラニン色素は脱色することなく染料だけを髪の外側に付着させます。
そのため白髪は自然な感じに色がつき、黒髪はほんのりと色がつく程度に染まります。
脱色とは違うので明るくする事は難しいです。
色合いが持続するのは3週間から1ヶ月程度でシャンプーをするたびに徐々に色が落ちていき自然な感じで元の髪色に戻ります。
髪の毛の表面にはキューティクルがありキューティクルによって艶などがでますがヘアマニキュアはキューティクルを保護してくるという作用もあるので髪に艶を出すことができ髪に対するダメージもきわめて少ないと言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ